旭文堂で旭川のカルチャーを垣間みる

day353

週末に旭川へ。隣街、車で40分ほどで着きます。

お目当ては生姜ラーメンで有名な「みづの」への来訪だったのですが、店の前に着くと臨時休業のお知らせが。トホホ。シャッターの真ん中に貼られた文字を追いつつ腹を鳴らす僕。ずっと気になっているので次こそ食べたい。

 

雪は止んで陽がさした昼下がり、そのままどこに行こうか、何食べようかという話になってとりあえずロータリーから石狩川の方に向かう通りを歩いてみると、お店を構えている建物が点在しており、何やら気になる雰囲気。

そこで見つけた古本屋さん、「旭文堂書店」。

f:id:megane05:20191207141544j:plain

木造のガラス扉を開くと古書が整然と並ぶ店内。創業50年とのこと。政治経済、思想、新書などジャンルごとにすみ分けされています。古本屋に入ると何だかそわそわします。例えば自分が生まれる前に書かれた海外の紀行書とか、このお店に入ることがなかったらタイトルさえ知らなかったであろう本と遭遇することができるから。奥さんが英語の学習書を購入。

その後お店を出て歩を進めると、またもや古本屋さんがありました。

 

f:id:megane05:20191207143634j:plain

旭文堂コミック店、先に訪れたお店の系列店のようです。

お店に入るとだるまストーブの上で鍋がコトコトと。じんわりとした温かさが迎えてくれました。こちらは主に漫画と文庫本が揃っていたのですが、特に目を引いたのは手塚治虫吾妻ひでお等往年の時代を築いた漫画家のコミック作品の豊富さ。気がつくとじっくりと棚を目で追っていました。気になる漫画が多すぎて迷った末、手に取ったのは永島慎二の「若者たち」。1960年代には漫画誌「ガロ」に作品を掲載していた漫画家で、若者たちは漫画アクションにて発表されたとのこと。阿佐ヶ谷の3畳間で暮らす若者を描いた漫画、読み進めていますがグッとくる表現もあってとても面白いです。

この2店舗、そして通りにあるお店のたたずまいや建物の雰囲気のよさを例えるならば、東京の神保町や馬喰町あたりの通ったことのない道を探って進んでみる時の、懐かしくも胸が昂るような感覚に近いと思いました。古本屋や近くにある図書館、時代を感じる独特なフォントのマンションやカレー屋さんの存在も相まって、そこにある文化のようなものを垣間見た気持ちになります。旭川には旧い建物や看板がそのまま残っていたり、長年そこに在り続けて外観からこだわりが伝わってくるような飲食店など気になるお店がいくつかあるので、今後も探っていきたいです。

空腹を忘れて歩き回った僕らがたどり着いた先はとある喫茶店

f:id:megane05:20191207150722j:plain

こちらのお店もとても良かったのですが、その時のことはまた次回に。