スケールで測って珈琲を淹れてみる

day346

珈琲が好きで、毎朝珈琲豆を挽いて飲んでいます。あちらこちらと移り気な僕には珍しくここ4年ほど続いている。ミル、ドリッパー、ドリップポットなど珈琲グッズも年々少しずつ増えているのですが、この度ついにスケールを手に入れました。

f:id:megane05:20191027161656j:plain

無印のソーラークッキングスケール。奥さんに誕生日プレゼントで買ってもらいました。ボタン電池だけでなく、一定の光量が当たればソーラー電池で稼働するエコで便利なもの。見た目も白でシンプルな形状で気に入りました。

これまでは湯の量や珈琲豆の量もある程度の感覚で珈琲を淹れていました。これを機に質量をすべて測って注いでみることに。参考にしたのは道北の上川町在住、キヌバリコーヒーの絹張蝦夷丸くんのnote

note.mu

こちらのnoteでは、お湯や豆の量から、お湯の注ぎ方や抽出にかける時間などポイント毎に分かりやすく紹介しています。何より蝦夷丸くんのコーヒーがとても美味しいので、いつか実践してみたいと思っていたのです。

f:id:megane05:20191027162932j:plain

いざ淹れて飲んでみると…いつも感覚に任せて注いでいた珈琲に比べて香りがふくよか!美味しい!今飲んでいる珈琲豆は、群馬県桐生市 HORIZON COFFEEのレギュラーコーヒー。以前、ライジングサンで年に1回会える友達がくれたもの。香り良くコクがあって好みなのですが、しっかりと測って淹れてみることで、そもそもの珈琲豆のポテンシャルを更に活かせるような感覚を受けました。

www.e-aidem.com

今まで「なんとなく」好きでやっていたことも、数字を元に挽き方や注ぎ方など色々な試行をしつつ積み重ねて、自分の好みの味を追い求めていきたいと思います。好きだから続けられそう。