北海道に移住した30歳のおどり

深川からはじめていきます。

雪道歩いて図書館へ(day133)

帰宅後図書館へ。およそ10分、雪道をざくざくと歩く。七尾旅人のサーカスナイトがめちゃ沁みる。図書館の中は暖かくてホッとする。小説作品は勿論のこと、意外なジャンルのエッセイが充実していたりして見ていて面白い。オードリー若林正恭さんの「ナナメの夕暮れ」と、「ライムスター宇多丸のラップ史入門」借りて帰路へ。

途中激しく転んで右腿を打った。ちなみに昨日も旭川で転んだ。トホホ。毎回受け身は取れているからか怪我には至ってない。合気道やっててよかった。いや転びたくないな。膝についた雪を払わずにペンギン歩きの歩幅で進む。ヘッドホンからは銀杏BOYZの東京が流れていた。