札幌〜新千歳空港の移動は高速バスを推したい(day125)

昨日、地元宮城から飛行機で新千歳空港に到着。高速バスに乗って札幌へ。新千歳空港へ向かう時もすすきのから高速バスで向かうなど、我が家では移動にバスを利用する機会が多い。今回は、高速バス利用の利点について考えてみたいと思う。

1.乗降エリアが広く、様々な場所から直通で利用できる

札幌市内のバス運行は、主に北海道中央バス北都交通の2社が担っている。

バスでのアクセス-交通・アクセス | 新千歳空港ターミナルビル

上のリンクを見てもらうとわかるが、札幌都心の札幌駅・大通・すすきのといった要所は勿論のこと、中島公園大谷地、宮の沢、真駒内、円山など市街地の各エリアにもバス停がある。都心部ではバスの本数も多く、宿泊先の最寄駅からの電車時刻と比較して利用可能。また、直通のため乗り換えなどの心配なく移動できる。

2.荷物が多くても安心して移動できる

大きなスーツケースやかさばるお土産類なども荷台に置いて移動できるので荷物が多いことによる他者への迷惑や置き忘れの心配などの心理的負担も軽減できる。

3.暖房、WIFI環境がある

札幌〜空港間は途中に乗降するバス停も多くはないため、ドアの開閉による冷気の侵入が少なく、冬の時期でも暖房のきいた車内でコートを脱いだ状態で移動できる。また、フリーWIFIも利用可能で横4列2席ずつの配置のためある程度のパーソナルスペースも確保でき快適に過ごせる。

4.運賃1,030円(片道)

例えば、JRの快速エアポート札幌駅〜新千歳空港間は片道1,070円。ほぼ同じであるが、移動時間(快速エアポート:約40分、高速バス:約65分)ならJR、移動時の快適さなら高速バスに利がある。

高速バス。週末札幌との行き来に普段から利用しているが、背座席が高くて収まり良く寝やすい。ただ音楽やラジオを聴きながらぼーっとしたり、本を読んだりと一人で自由に過ごせるので好き。北海道に遊びに来た人には、移動の選択肢の一つとしてオススメしたい。