読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道移住を目指す、20代会社員の日常

「30までに北海道へ」、そんな感じです

イライラした時や気持ちが下がった時に聴くアルバム

音楽

こんばんはー

今日も暑いですね。

最近早めに家に帰れるので嬉しいです。

 

 

皆さんは、普段生活していくなかで、どうしてもイラついて気持ちがうずくような感覚になったり、気持ちが下がり、やる気が出なくなる時がふとあったりしませんか。

 

僕はあります。仕事で理不尽な状況にあったり、仕事で失敗をして自信をなくしたり・・・と仕事がらみばかりですが笑、よく電車の中であれこれ思いだし、どうしようもない気持ちになります。

 

そんな時に、僕の浮つきふらついた心を治めてくれる、大切なアルバム2作品をご紹介します。

 

 

 

キセル/タワー

 

タワー

タワー

 

 

キセルという兄弟2人のバンドの作品です。今日まで知らなかったんですがベストアルバムで、YUKI細野晴臣らが選曲した「セレクトアルバム」の仕様です。

 

声、音、歌詞。すべてが相まって沁みてくる感じです。

 

youtu.be

 

特に、こちらのギンヤンマという曲が好きで、聴くときは目を閉じてすーっと馴染んでいく感覚におちいります。

ライブを観に行ってみたいな。

 

 

 

 

 

 

FISHMANS/空中キャンプ

 

空中キャンプ

空中キャンプ

 

 

FISHMANS。初めて行った2年前のライジングサンロックフェスでトリを飾っていました。

1999年にヴォーカルの佐藤さんに亡くなっており、僕が観たライジングではUAクラムボン原田郁子がヴォーカルを務めていました。

朝方、日の出とともに空が薄明るくなってきた頃に、FISHMANSの音楽と2人の声が響き渡っていたあの光景は、今も思い出すだけで感動します。

佐藤さんの声が不思議で、導かれていくような感覚・浮遊感を味わいます。


FISHMANS / SUNNY BLUE (1996.12.26 赤坂BLITZ)

 

このアルバムを1枚聴き終えると、自分が悩んでいたことはなんだったんだっけ。

どこかにtripしていたような、つかめないからこそ何度も聴きたくなる中毒性を持った作品です。

 

 

 

 

何かあった時はこの2枚を聴いて、気持ちを落ち着けています。

 

 

 

ちなみに、今日は元気でおります。

今週頑張れば来週から北海道!

 

あと2日、がんばりますー!